OrbitIntelligenceのデータベースに入力された新しい情報をモニターするようにアラートを設定できます。


特定の技術分野の特定のコンペティターからの新しい特許データに関する通知を受けることができ、または選択した特許をモニターすることができます。 アラートの実行ごとに、最初の1000件の結果のみが使用可能になります。


実質、すべての検索クエリをアラートとして実行することができます。

ただし、引用検索や類似検索などの特定の検索では、使用されるシステムによる制限のため、毎週/毎月すべての結果が得られるわけではありません。


アラートは特許データベース、意匠データベースについて設定でき、またはオンライン上のリーガルステータス情報をモニターするために設定することも可能です(専用のツール リーガル ステータス アラートをご参照してください)。

この記事では特許データベースのアラート機能について詳しく説明しています。


アラートを設定するためには:

  • Orbit Intelligence内の3つの特許のコレクションのうち1つを検索にかける     

      ●下の例ではFamPatデータベースを使用しています

  • ”検索結果”へ行く > ”アラート”リンクをクリックする

                 ●もう一つの方法としてキーボードで”A”を打つことでも実行できます


アラート設定ページでアラートのパラメータを設定します:


一般セクション

ここでアラートの名称およびタイトルを入れ、頻度を設定します(週ごと、月ごと)

  • アラートの名称はあなたのアカウントに保管されます:そのアラートを認識できる自分だけのコードにすることもできます
  • タイトルは全てのアラート受取人が受け取るものになります:少し長めでより記述的にもできます
  • アラートの頻度を設定する

      ●デフォルトの設定は”要約の収録があるレコードのみ”を検索になっています。

         ・これにより新しいレコード(FamPatの場合、新規ファミリー)をモニターし、要約が利用可能になったときのみヒットさせることができます(確実に結果の評価するのに十分な内容を含むようにするために)。

      ●要約の収録がある新しいレコードだけでなく、さらに多くをモニターしたい場合は、以下のデフォルト設定を解除してください:

         ・目的にマッチした更新コードを入力することができるようになります。

         ・更新コードはどのような新しい情報のタイプをモニターするか特定するのに使います。例えば、新規ファミリーメンバーまたは新規リーガルステータス情報など。

         ・アラートで更新コードを使用するをご参照ください

ストラテジー(検索式の編集)セクション

あなたのアラートのストラテジー(検索式の編集)が表示されます -デフォルトではすでに実行した検索履歴から表示されるようになっています。
検索履歴のスクリプトを追加または削除することによって、あるいは個々にスクリプトを変更することで検索式・検索方針を修正できます。

調査するコレクション

データベースはあなたが検索で使用したものに予め選択されています -ここでそれを修正することもできます。

データベースを変更した場合、検索可能なフィールドは選択したデータベースにより変わるのでご留意ください。

出力フォーマット

3つの出力オプションが選べます:


1)Excel ファイル

利用可能なファイルは通常のエクスポートのものと同じです。

最後に使用したオプションが予め選択されます ー修正ボタンを使ってフォーマットを変更することができます。

2)ワークファイル

あなたのアラートが自動的にワークファイルを作成します。

ワークファイルを作成したいディレクトリを選択することができますーシステムが自動的に、初めてアラートが実行されたときにワークファイルを生成します。


注:ワークファイルにはアラートの名前が付けられます― ワークファイルモジュールでアラートワークファイルの名前を変更しないでください


3)RSS リーダーフロー


アラートの結果はEメールで送られます-1つのアラートにつき23人まで配信先を追加することができます:



あなたのアラートは”マイSDI”で管理できます:


アラートの結果

Eメールでの通知に加え、アラートの結果はあなたのアラート ポートフォリオにも最後の実行日から1年間保存されます。ワークファイル アラートからの結果はワークファイルに保存されます。


Setting up alert