ユーザーメニューから”ユーザー設定”モジュールを選択することによって、いくつかのパラメータを変更することができます。

このモジュールは複数のさまざまなセクションに分けられます:

一般設定:

こちらのセクションでは、以下の設定ができます。

   -テキストサイズを決める

   -アラート通知をオン/オフにする

   -アラートが作動した公報にリンクを追加する

   -ユーザがログインするときにどのモジュールおよび検索インターフェイスで始めるかを決める


検索設定:


こちらのセクションでは、以下の設定ができます。

   -ユーザが検索を行うデフォルトのデータべースコレクションを決める

   -上級者向け検索でデータベースコレクションを表示する(こちらの記事をご参照ください:FAMPAT、FULLPAT、およびフルテキストの違い― 異なるコレクション

   -”類似検索”を実行したときに返される結果の量を制限する(最も関連性の高い結果に絞るため)

表示設定

ヒットリストに表示される検索結果の表示方法を変更することができます。


変更できる主な設定は次のとおりです:

  - 1ページに表示される結果の数

  - 拡張ファミリー(EspacenetにあるInpadocファミリ>詳細については、 こちらの記事をご覧ください’FAMPATファミリーの構成ルール’)のグループ分けにする 

  - ’代表メンバー’ とも呼ばれる優先特許発行機関>こちらの記事をご覧ください ’表示される項目をカスタマイズする’)に設定する

  - 優先言語(>特許レコードの表示言語を変更するをご覧ください)

  - フィルターオプションを表示する(国、日付、ステータスでデータをフィルターする >こちらの記事をご覧ください’フィルターをカスタマイズする’)

 注:検索結果を絞りこむのに役立つため、フィルターパネルをアクティブにしておくことをお薦めします。


パスワード設定

お客様のOrbit Intelligenceのログインパスワードを変更することができます:



ワークファイル設定

文書(公報)がワークファイルに追加されたとき、あるいはデータが手動で更新されたときにEemailを受け取るように設定をすることができます。これらの通知の内容は、変更された情報の短縮リストまたは詳細なリストで提供するように調整できます。