ランドスケープマップを作成する場合、表示をパーソナライズして、それらの視覚化によってもたらされる洞察を向上させる方法がいくつかあります。


次のスクリーンショットは、システムによって自動的に生成された生のマップを示しています。 マップをカスタマイズするためにツールバーを使用できます。 



ツールバーボタンの簡単な説明 


パネルを開いて、選択したビジュアライゼーション(推奨、すべて、お気に入り)間を移動します
アクセスオプションは、譲受人、発明者の法的ステータスなどによってマップに色を付けます。
地図上でズームイン/ズームアウト
地図の位置を移動します
マップ上のゾーンを選択します。 選択により、[選択]タブ(画面の右側)でパテントファミリーを視覚化できます。
マップ上のすべての特許を選択します。 前のオプションと同様に、ファミリは[選択]タブに表示されます
マップ上でゾーンを選択し、新しいクラスターを定義します。 3つの概念が表示されます。 (この機能の使用法については、この記事の後半で詳しく説明します)
地図上に自由形式を描く
地図上に楕円形を描く
地図にテキストを追加する


クラスターのラベル位置を移動してロックする 


デフォルトのグラフには、重複したクラスターラベルが表示される場合があります。 ランドスケープマップを読みやすくするために、ラベルを移動してその位置をロックすることができます。 ラベルの位置を変更するには、ラベルを移動しながら右クリックします。 すべてのラベルの位置に満足したら、青いセクションを右クリックしてオプションのリスト、特に「ロック位置」のリストを開きます。 


表示されるコンセプトをカスタマイズする


デフォルトのラベルのいくつかは、一般的すぎると見なされる場合があります。 ラベルを右クリックすると、オプションのリストが表示され、選択したクラスターにラベルを付けるための他の推奨される概念を視覚化して選択することができます。



クラスターの命名の名前を再設定する

自動マップ処理によって提案された一部のクラスター(およびそれらのラベル)は、無関係と見なされるものもあります。 その場合クラスターを削除し、ドキュメントを手動で選択して新しいクラスターを作成することができます。


最初にクラスターに含まれていたパテントファミリーは濃い灰色になります。 

上記のボタンを使用すると、特許の新しい選択を行うことができます。 選択は、選択したドットにマウスを維持したまま円を描き、て左クリックします。

この新しく選択されたグループは、ラベル(この新しい選択に含まれる概念に基づく)と色を受け取ります。 

結果のマップは次のようになります。 ここで、2つの新しいクラスターが作成されました。