単一のグラフを表示する場合、グラフのすぐ横にある「設定」をクリックすると、いくつかのオプションが表示されます。


注:利用な可能なチャート=実際のビュー(下の場合、ワールドマップチャート=保護国別世界地図)は、解析モジュールでユーザーが表示しているグラフによって異なります。


チャートデータの下のフィールドの1つ(この場合は「特許ファミリー」と「保護国」があります)をクリックすると、オプションのメニューが表示されます。



表示されたオプションをクリックすると、各項目の右側にあるサブオプションが変更されます(ここでは「その他」)。


留意点:プレミアムユーザーのみ、デフォルトのデータ設定「特許ファミリ」を変更できます。



選択したチャートデータに応じて互換性のある(利用可能な)グラフのタイプが表示されます。 この利用可能なグラフの1つを選択すると、グラフの外観が変わります。



ショートカットを使用すると、グラフビューから直接にグラフの外観を変更できます。



設定の中のデータフィールドの横にある+記号をクリックして、軸を追加することもできます。 新しい軸データを追加すると、それに応じて利用可能なチャートのリストが更新されます。

軸の削除は、削除するフィールドの名前の横にある✖をクリックして実行できます。



フィールドに関する詳細情報が必要な場合は、フィールドにマウスを合わせると小さなヒントツールが表示されます。