Orbit Intelligenceはセマンテック検索クエリーのための専用のフィールドを設けています。セマンテックサーチでは、関連する要約または発明の詳細な説明のテキストを自由に入力することできます。セマンテックサーチのアルゴリズムは人口知能検索エンジンを使って、検索フィールドに入力された単語から関連するコンセプトを抽出します。検索結果を最適化するためにきちんと構成された発明の名称、要約、パラグラフを使用してください。


セマンテックサーチ

発明の名称、詳細な説明、または適切な要約を含む一連の単語を使用してクエリを作成してください。単語をフリーテキストフィールドに入力するか他の文書からコピーペーストしてくることができます。入力は検索対象に関連する2~3行のテキストにまとめ、打ち間違いやスペルミスを避けてください。


入力されたテキストは文章として筋が通っていなくてもよく、100字から300字の間で収める必要があります。翻訳のエラーを避けるために英語で入力するようにしてください。


重要なキーワードは、その類義語を追加すると便利な場合があります。


FullpatかFampatのいずれのコレクションで検索するかを選びます。


この時点で検索にするか、画面右下のカスタム検索ウィザードを使用することも可能です。タイトル(発明の名称)及び要約をコピーしてきたセマンテックサーチの一例が以下に表示されています。



カスタム検索ウィザード


カスタム検索ウィザードでは単語から抽出されたコンセプトをみることができ、それらの概念を選択して検索結果をさらに絞り込んだり、検索に入れたくないコンセプトを除くことができます。以下の例をご覧ください。


次へを押すと、選択されたコンセプトに基づいた特許・出願コレクションに類似検索機能を使用して戻ります。


結果は関連性スコアによって順位付けされています。これによりユーザーはその検索にとって最も関連性の高い文書を選択することができます。


ユーザーは表示された関連するレコードのタイトル横のチェックボックスにクリックすることでそのレコードを選択できます。

または、Search more conceptsからコンセプトの用語を追加することもできます。画面キャプチャーを以下に表示しています。

下のビデオではセマンテックサーチへのアクセス方法、要約や発明の詳細な説明を貼り付けしてくる方法、どこからカスタム検索ウィザードを立ち上げるかを説明しています。

Semantic searching