分析モジュールは、検索を実行した後 、ヒットリスト右下端にある青いフローティングボタン

をクリックして、結果リストから起動できます。


データセット全体を分析する場合は、範囲を選択する必要はありません。 データの特定の範囲を分析する場合は、最初に結果を選択します。



FAMPAT / FULLPATから解析モジュールに結果を送信すると、ダッシュボード(定型チャート)からまたは重要要素ビューから評価を開始し、データをいくつかの意義あるグラフにすばやく解析評価します。 その時点で、データをよりよく理解するために、さまざまなグラフのシングルビューも起動できます。



ダッシュボードの右下隅にあるボタンを使用すると、結果のヒットリストに戻ります(検索を絞り込む必要がある場合に便利です)。


注:解析機能は、FAMPATおよびFULLPATコレクションで使用できます。

フルテキストコレクションからはアクセスできません。



解析を起動する