特許検索に通じた方はすでにご存じのように、コーポレート検索は時として複雑な作業になり得ます。 顕著なところでいうと、M&A等が理由として挙げられます。


このウェビナーでは、次のことを支援します。

- 複雑な企業検索を克服するために、新しいコーポレートツリーを使用して出願人(譲受人)を検索する

- データルールを作成して分析を整除する

- 親会社による自動グループ化(名寄せ機能)を使用して時間を節約する


[Tips&Tricks] Focus on Assignees : How to search for and analyze company data