一般的な指標:一般的な指標は、特許を相互に比較する全体的な戦略の一部として個別に使用できます。 これは、わずかに異なる側面を使用した個々の特許の強みを見積もりしたものです。 ユーザーの特定のニーズに応じて、メトリクスは(例えば相関関係で) 組み合わせることができます。


ファミリーサイズ:各特許ファミリーで特許付与されたまたは係属中の特許の平均数。



経過年数:最初の公報発行日からの平均年齢(年数)


地理的対象領域:BRICおよびTier 1の特許発行機関(US、JP、DE、FR、BR、IN、CN、KR、AU、TW、RU)の特許ファミリーごとの係属中または特許付与されている特許の平均数。




請求項の長さ:最初(第1項)の独立クレームにおける重複していない単語の数。 特許ファミリーごとに計算され、平均化されます。



IPCカウント:特許ファミリーごとの異なるIPC / CPCサブクラス(H04Gなど)の平均値