Orbit Intelligenceで引例を使用して、防衛特許を特定します。


EPO審査官の引用カテゴリ(X、Y、Aなど)と、米国の審査官による拒絶理由からの重要な情報(102、103、DBL)を利用します。


[Tips&Tricks] Identify blocking patents using citations